間違い大臣が映画とマンガについて語ります

思ったことをそのまま書いちゃうから色々トンチンカン。

ムンク展

1月19日(土)にムンク展に行ってきました。

展示は1月20日で終わってます。

次はいつムンク「叫び」に会えるかわからないということで、本当に見れるときに見ておいて本当よかった!!

行けなかった人、残念でした!!!笑

 

なんでいきなり美術館へ?

ハライチの岩井さんがお母さんと「ムンク展」に行ったというのを聞いて(ミヤーンさんの文字起こし参照)、行きたくなっただけ!!笑

 

 

 

岩井勇気)4つ、あるんですよ。いろんな手法で書かれている叫びが4つ、あるんですよね。

澤部佑)あの絵はあの絵なの?

岩井勇気)本当に同じような絵が4つあるんだけど。だからみなさん、どのイメージなんでしょうね?っていうね。

澤部佑)自分の中にイメージしている『叫び』は。

岩井勇気)で、その中の1作品だけ来ているんだけど。でも『叫び』って、あれはあの人が叫んでいるわけじゃないのも知っていました?

澤部佑)ああ、もう知りません。なんですか? えっ、違うの?(笑)。

岩井勇気)あの橋で自然の叫びを聞いて耳を塞いでいる様子なんですね。あれって。

澤部佑)えっ、みんなこれ、知っているんですか? でも、明らかに叫んでいるじゃないですか。

岩井勇気)叫んでいるみたいな感じですけど、耳を塞いで「うわーっ!」ってなっているっていう。

澤部佑)「やめてくれー!」みたいな?

岩井勇気)そうそう。みたいな感じになっているらしいですよ。だからそんなムンク展にね、今日母親と行ってきたんですけども。

 

私も「ふびゃー」って叫んでいると思っていたんです。

しかもこのラジオ聞いてから行ったのに、帰り道に旦那さんに「叫んでたね〜」と言ってしまい、「耳塞いでるんじゃないの?」って言われてしまいました。恥ずかしい。。

 

ちなみに来日していた叫びは、これ。

f:id:chika_ziburi:20190128200543j:plain

 

んで、4つある叫びは、これら。

f:id:chika_ziburi:20190128200425j:plain

出展 

ムンクの「叫び」にはいくつものバージョンがある?実は叫んでいない?【a】|ミライノシテン

 

この「叫び」ですがめっちゃアップデートしまくっているんです。

ムンクって他の絵でも同じものを何個も何個も描いてて、個人的にはアップデートするたびにダメになっていっているように見えてしまって(笑)。

紙じゃないものに描いたりKUFUしまくっているんだけど、オリジナルが一番いいよねって思っちゃう……ごめんね、ムンク

ということで、面白かったところを振り返っておきたいと思います。

 

90分待ちって。とにかく混んでた

とにかく混雑がすごかったんです。

最終日前日ということもあってか、夕方にいっても90分待ち!

さらに「叫び」を見るまでにも5分くらい並んでたし、

お土産コーナーでも5分くらい待ちました。

 

展示はゆっくりじっくり見てくださいっていうよりも、100点近いムンク作品が一同に揃ってて、じゃんじゃん見てくれ〜ぃ! という展示だったので、中に入ると結構スムーズに人が動いていました。

 

待つのがとにかく嫌いなのですが、「見てよかった!」と思えるのはやっぱり見ている時間が楽しかったからかなー。待つのも「ムンク展のひとつ」って思えたし、待った甲斐があったなとも思えました。

これからも色々と展示には行ってみよう! と思わせてくれた、ムンクさんには感謝ですね。ちなみに、次行きたいなーと思っている展示は、すみだ北斎美術館の「北斎アニマルズ」です。

http://hokusai-museum.jp/modules/Exhibition/exhibitions/view/588

 

他にもおすすめ展示があれば教えて欲しい〜!

 

 

ムンクは生涯独身で孤独死しちゃったんだぜぇ〜

ムンクさんについても少しお伝えすると、あんな絵を描いているからなんとなく想像できるかとは思いますが生涯独身だったようです。

展示で最後に飾られていたのが、「自画像、時計とベッドの間」でして、あぁこの人はあえて寂しさを選んで芸術に昇華させてたのかな、とか勝手に想像しちゃうのでした。

f:id:chika_ziburi:20190128202128j:plain

詳しくはこちらから。

www.museum.or.jp

 

 

「叫び」もいいけど、他の作品も面白い

「叫び」はもちろん良いのですが、他にも気に入って「疾駆する馬」「幻影」のポストカードも購入しちゃいました。

「太陽」も見た瞬間、ゾゾゾっと鳥肌が立つ感覚があったり、

緑色の使い方がうまいなーと思ったり、

のっぺりした顔で描かれていたり、

すごい神秘的な色合いで描かれたり、どの作品も面白かったです。

あと意外だったのは、自分の作品だけじゃなくて、パトロンさんたちの肖像画をたくさん描いてたみたいで、生涯独身で突っぱねてた頑固で孤独でやばい人っていう感じじゃないんだ〜とも思ったのでした。

 

知らなかったことを色々と教えてもらえたし、当たり前だけど「この人あの時代に生きてたんだもんなー」とどこかノンフィクションを見ているような気持ちにもなれました。

読書でその作者さんの考えに触れるのもいいけど、

絵画でその作家さんの人生に触れるっていうのもいいものだなーと感じたのでした。

映画秘宝 2019年3月号

映画秘宝の最新刊が発売されました〜

これなんだかんだで毎年購入させてもらっているのですが、各界の映画好きなみなさんや映画評論家のみなさんが、その年に見た映画のベストとトホホを決めるという号でして、あの人はどんな感じかな〜と眺めて自分と比べるのがとても楽しいのです。

 

映画秘宝 2019年 03 月号 [雑誌]

映画秘宝 2019年 03 月号 [雑誌]

 

 

映画秘宝の2018年ベスト&トホホのトップ3だけ抜粋させていただきます。

 

映画秘宝が選ぶ2018年度映画ベスト30!(トップ3だけ抜粋)

1位 カメラを止めるな!

2位 ヘレディタリー/継承

3位 シェイプ・オブ・ウォーター

 

HIHOが選ぶ2018年トホホ10!(トップ3だけ抜粋)

1位 パシフィック・リム:アップライジング

2位 レディ・プレイヤー1

3位 キングスマン:ゴールデンサークル

 

トホホの2位と3位は私も劇場で見てました。

レディ・プレイヤー1はちょっと期待しすぎちゃったところもあったけど、トホホってほどじゃなかったけどなぁ(笑)。トホホ要素として考えられるのが、予告とか事前情報出し過ぎだったんじゃないかなーと言うのはありましたね。

ガンダム出て、メカゴジラ出て、アイアンジャイアントも出て、キティちゃんまで出てきたら、エヴァ出んじゃない!? トトロか!? ナウシカか? とか結構期待してしまったので(笑)。何が出てくるか秘密にして「どうぞ映画館で楽しんで!」という方がよかったのかもしれないな〜なんて思ったのでした。

 

 

あとキングスマン:ゴールデンサークルは、私もトホホでした。

もうね、キングスマン好きすぎるゆえになんだけど、前作を超えなかったし、無駄にキャラクター増やしすぎたわりに出てくる人前作と一緒じゃね? という残念感が強かったですね。

アメリカvsイギリスのはちゃめちゃを期待してたけど、ふわっとしちゃったし(笑)。

 

 

私、チャニングテイタムが好きなもんでね(笑)

めっちゃ出てくると期待しちゃうじゃないですか?

そしたらほぼ冷凍されてたからね!!! なんだよ!!

次回への繋ぎ回みたいになっていたので、そんなことにならないように3作目には期待したいと思います!

頑張れキングスマン!!

 

私もいつか映画秘宝でベストとトホホを発表できるようになりたいな〜(笑)。

 

ダルちゃん

今年も新井賞が発表されましたね。

コミックナタリーにまとめられていたので、「新井賞?」「ダルちゃん?」という方はこちらをご覧くださいな。

 

 

もともとダルちゃんは、資生堂のウェブサイトで公開されていて、「おおー資生堂が攻めてる!」と思ったのも懐かしや、2017年10月〜スタートということでもう1年以上も前だったのですな。

 

毎週楽しみにしていたんですが、いつの間にか更新されなくなって、私もダルちゃんの存在を忘れかけていた時、本屋さんで見つけて「え!」と思っていたら、なんと新井賞。こりゃ読まずにいられませんわなw

 

書店で手にとって、こんなに成長しちゃっているダルちゃんを読んでウルウル。その場ではすごい感動してがんばろ! ってなりましたが、そんな私もすでにダルちゃんに戻っています(笑)。

 

ダラダラ=ダメ

 

っていう風潮がありますが、私はダラダラできるうちにしとくべきって思っちゃうんですよね。

働きマン」以降、働く女性はかっこいいというラベルを貼られちゃってて、もちろん稼げる力のある女性はスンバラシイし、子育てして働いて完璧で非の打ち所ありません! ってのもいいんだけど、いやいやみんながそこ目指さなくてもいいじゃん。と思うわけですよ。

人生に正解なんてないのに、まるでバリキャリが正解で、ダルちゃんが間違いみたいになっているんだけど、違うと思うのよね〜。

 

90年代、みんながアムラーだった時代を生きてきた女子たちにとっては、目指すべき「誰かになる」のが正解だった。

00年代、女子も社会に進出するようになってお局がどうこう言われて、女のキャリアは「主婦」or「仕事」の二択でどちらかを「選ぶ」のが正解だった。

10年代、震災があって「生き方」を考えるようになって「自分らしく生きる」ことが正解に。

 

人生は自由なはずなのに、正解が決まっているこの世界で生きていくのは本当辛いよねぇ。

 

20年代、女性はどんな正解を求めて生きていくんだろう。

そんなことを思いながら、ダルちゃんを読んでみてくださいな。元気になりますが、それとともにちょっとおセンチな気持ちになれますぞ(笑)。

 

ダルちゃん: 1 (1) (コミックス単行本)

ダルちゃん: 1 (1) (コミックス単行本)

 

 

ダルちゃん (2) (コミックス単行本)

ダルちゃん (2) (コミックス単行本)

 

 

KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~

インフルエンザA型にかかりました。

完全に治ったと思うのですが、今回のA型は本当長引きますね。

なんだかダル〜っていう状態がずっと続いていて、

ほぼ気持ちの面だと思うのですが、侵食されている感がすごいです……。

めっちゃネガティブに襲われるので、お気をつけください!

 

ということで、今回ご紹介するのはネットフリックスの新番組『KONMARI』です。

 

もうみなさんご存知の近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片づけの魔法』を元に、部屋を片付けられない人たちがこんまりメソッドを実際に体験してもらいながら、スパークジョイしながら、片付けていく番組です。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

 

そう、片付けるだけの番組なのにめっちゃ面白いんです。

私も元片付けられない人だったのですが、

こんまりさんの本を読んだ&旦那さんがきれい好きだったということが重なり、引っ越し&結婚のタイミングでしっかり片付けられる人になりました。

 

昔は『MASTERSオブお家芸 サイプレス上野とロベルト吉野 feat.宇多丸』のリリックに出てくるような

投げっぱなしの割に バッチリの配置

 

な部屋で(笑)、汚いけど好きな物に囲まれてどこに何があるかは把握できていました。

確かに好きなものに囲まれているのは気持ちいいし、「汚いくらいな方が落ち着く」というスタンスだったので、なかなかスッキリと物が無い部屋というのは落ち着きませんでした。

でも今なら言える!

きれいな方が気持ちいい!!!

そして無駄な買い物をして後悔しなくなる!!!

 

無駄な行動は大好きですが、

無駄な出費でイライラしていた(されていた)私にとって、

「買う」行為としっかり向き合えるようになったのです。

 

片付ける=捨てる

 

と思う人が多いと思いますが、それだけではなくて人生がスパークジョイする楽しさをこの『KONMARI』は教えてくれます。

 

個人的に好きなエピソードは、

6. ガラクタとの決別

です。旦那さんがまぁいい人なんだわ〜。嫁にイライラしちゃう人もいるかもしれないけど、ふたりがひとつの目標に向かって「ここだ!」ってタイミングで一緒に向かう時があって、それが小さなことなんだけど感動しちゃいます。

 

ぜひぜひご覧くださいな〜〜

www.netflix.com

 

伝説のお母さん

昨年Twitterのタイムラインで話題になっているのを見かけた『伝説のお母さん』。

 

作者さんのサイトで全話公開されていますので、

「何それ?」という方!! 今すぐチェックなのよぉ〜

 

 

 

いちいちページ切り替えるの大変。。という方は、

電子書籍でも販売されておりますので、こちらでもご確認くださいな。

伝説のお母さん

伝説のお母さん

 

 

RPG未経験だった私がこの漫画を読んでも面白いのかな? 思っていたけど、

読み始めたらウルウル涙を流してしまうくらい感動してしまったよ!

 

さらに『伝説のお母さん』にちょっと影響を受けて、チャレンジしてみた人生初のRPGファイナルファンタジー3」ですが、こっちもめっちゃ面白かった!!

ちなみに『ファイナルファンタジー3』はファミコンミニで遊べます。

 

実際にRPGをやったことで、より家族のことも考えるようにもなりました。

 

仕事、家族、自分らしさ。

この3つを両立するって今までイメージできなかったんだけど、

『伝説のお母さん』と『ファイナルファンタジー3』をやったことで

こんな感じなんだな…とお母さんを追体験できるというか、

世の中の子持ち女性ってこんなに大変だったんか!!

気楽に生きててごめん!!

って気持ちになりました。

 

もちろん、子育てをするそれだけに集中するって素晴らしいと思うし、

できるならそれで暮らしていきたいなとかも思うけど、

それだけになってしまうと私の場合、自我が崩壊しそうだし、

家族のことを思えばもっと潤いのある暮らしができるように稼ぎたいし、

仕事をしている自分、母の自分、女の自分。

全てバランスよく、自分はもちろん周りの人も幸せにするってすごく大変なことだったんだなと改めて感じたんです。

 

一人だったときには、好きな仕事や趣味で自分の欲望を満たせれば十分だったし、それで私のMPはどんどん増えていったし、使える魔法も増えていったと思うんですよね。(HPは若いときより減りやすくなったけどw)

でも結婚すると、その魔法を自分のためだけじゃなくてパートナーのために使う方が自分の精神状態が安定したり、「あ、この魔法さえ使っていれば仕事はなんとかなるな」とかバランスが取れるようになってきて、いい意味で落ち着いて来るんだけど、ここに『子供』が入ってくると全然魔法の使い方変わってくるんだと思ったんです。

一人じゃなくて、チームでいきていかないとだから、旦那さんもめっちゃ優秀な賢者とかになってもらって、いろんな戦い方できるようになってもらわないと、子供もすぐやられちゃうし。

 

まさかFF3をやることでこんなこと考えるなんて思わなかったけど、そんなきっかけをくれた『伝説のお母さん』ありがとう!!

 

 

テンカウント

BLについての知識は『俺たちのBL論』を読んで止まっていたので、カルチャーとして「面白いな〜」と思うほどで、積極的には読んでいませんでした。

 

俺たちのBL論

俺たちのBL論

 

 

しかし、私の中で何かが弾けてしまった『おっさんずラブ』により、

無性にBL作品を読みたくなってしまったのです。

 

そこで、私の大好きなハライチ岩井勇気さんのお力をお借りしまして、勝手ながら…… 

 

【ハライチ岩井 BL おすすめ】

 

で検索。

 

すると、こちらのページがヒット!

 

ここで紹介されていたのが、今回ご紹介する『テンカウント』だったのです。

テンカウント(1) (ディアプラス・コミックス)

テンカウント(1) (ディアプラス・コミックス)

 

 

このテンカウント、なんとアニメ化も決まったようで、2019年結構露出が増えそう。

読むなら今のうちです!

スマホゲーム? も出る? 出た?? ようで、本当旬なんだなーと感じますです。

 

 

 

実際に連載もののBL作品を読んでいて気が付いたのですが、

BLってネタバレしないで読んだ方が圧倒的に楽しい!!

 

この人がどーで、あの人がこーなって、みたいな関係性を事前に言われるよりも、その過程を味わうというか(笑)。

 

ええ〜〜!こうくる?

やっぱりそうなるよねぇ〜!

ひゃーよく言った!!!

 

とか心の中でワーキャーが止まらないのです(笑)。

 

男女の恋愛って、山あり谷あり最後はハッピーって感じだからネタバレしたってどーってことないと思うんですけど、BLの作品構成ってもしかして全部山!? と思ってしまうくらい激しい!!

今まで連載もののBLを読まずに、勇気がなくて短編まんがを読んでいた初心者がこんな感想書くのもおこがましいんですけどね。。。

 

なんとなくBLはハードル高くて。

BLってエロいんでしょ?

とか思っている方は、入門編として『テンカウント』読んでみるの良いと思います。

 

私はKindleで夜中に1巻を買っちゃいまして(笑)

そのまま2巻をゲット。

このままでは寝られねぇ〜!! と、グッと欲望を堪えたのでした。

これから購入を検討されている方はご注意ください!

 

2019年に盛り上がること間違いなしの『テンカウント』。

男性も女性も要チェックですぞ。

2018年つるデミー賞

f:id:chika_ziburi:20190108201733p:plain

もうすぐ、アカデミー賞ですね。

今年もアカデミー賞と同じくらい話題(当社比)のつるデミー賞を今年も発表させていただきます!!!!

 

つるデミー賞とは?

本賞は、つるたちかこが2018年に見た

・劇場映画

・DVD

・ネット配信動画

のなかから、「これはよかった」「ハマった」な作品を全5部門でご紹介する賞です。2018年に見た作品を対象としているため、古い作品が混在していることもございますので、ご了承ください。

※ 受賞したからと言って何があるとかはありません。

 

 

 

つるデミー賞・いけてるメンズ賞

『パターソン(2016年公開)』アダム・ドライバーさん

f:id:chika_ziburi:20190108203930j:plain

 

アダムドライバーさんは、新シリーズのスターウォーズから気にはなっていたのですが、この作品でめちゃくちゃ大ファンになりました。

決してイケメンではないのだけど、めちゃくちゃ引き込まれるこの感じ!!

この『パターソン』って何かが起こるような映画ではないのだけど、自分の日常にススス〜っと入り込んできて、これをみた数日間はパターソンの事ばかり考えてしまっていました。

 

何もなくても毎日は素敵なんだなぁと感じられるし、

捉え方次第で人生は面白くもつまらなくもなるんだなというのをパターソンに教えてもらったように思います。

 

 

アーハッ!

 

パターソン(字幕版)
 

 

 

つるデミー賞・いけてるオンナ賞

シンクロナイズドモンスター(2017年公開)』アン・ハサウェイさん

f:id:chika_ziburi:20190108204256j:plain

 

とにかく可愛い!

女性に対してこんなに「かわいいよぉー!」と思ったことがないくらい可愛く、愛おしく思えた映画でした。

 

 

こうやって予告編を見るとコメディっぽく見えてしまうけど、どちらかというとドラマ要素が強くて、映画らしい映画になっています。

仕事やら、恋愛やら、人生に悩んでいる女性は、

一度でもいいから見ておいた方が絶対いい!!

あとお酒飲みながら楽しんでみよーみたいな映画じゃないから、

変な期待をしないほうが良いですっ

 

 

つるデミー賞・音楽賞

ボヘミアン・ラプソディ(2018年公開)』 

 

2019年1月現在も公開されているところもありますので、見ている方も多いかもしれません。

そりゃそうだよね!

って感じですが、受賞です! おめでとうございます!!

 

クイーンを聴きながら家の掃除をしていて

 

「見に行っちゃう?」

 

と見に行った映画だったのですが、予告通りラスト21分のライブシーンは大号泣でした。

 

主演の彼は、昔に『Mr.Robot』というドラマに出ていて、闇を抱えているエンジニアさんの役をやっていたイメージが強すぎたので「クイーンのあのボーカル!?」と驚いたのでした。

 

 

クイーンをほとんど知らない世代の私ですが、

それでもこんだけ泣けちゃったので、ファンだった方とか本当やばかったのでは?

あとこの作品の最高な場面は、冒頭にもあります。

20世紀FOXのファンファーレ!!!!!

ギターバージョンでまじアガります。

映画をこれから観に行くよ! という方は遅刻厳禁ですっっ 

 

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

 

 

つるデミー賞・ドラマ作品賞

『グッドプレイス』

f:id:chika_ziburi:20190108205208j:plain

 

映画だけでなく、ドラマもちゃんと観ております。

2017年の『ストレンジャー・シングス』に続きまして、 

ネットフリックスで最高なドラマを見つけました。

 

それが、日本でいうところの死んだらいける天国を意味する『グッドプレイス』!

 



詳しくは、私の過去のブログで紹介しておりますので、気になる方はこちらもチェックください。 

 

 

 

あとドラマでいうと、『おっさんずラブテレビ朝日)』ね。

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック

 

年末に、「おっさんずラブ観ました?」と言われて、気になっていたので「見てみよっかな〜」なんて軽い気持ちで見はじめたら止まらない、止まらない!!

そう、私が求めていたキュンキュンはこれ!!!! と一気に見ちゃいました(笑)。

 

あとAmazonのドラマでも面白かったのは、『しろときいろ』。


 

短編なので見やすかったのと、実際にあるパンケーキのお店Eggs 'n Thingsの創立秘話ということで、ちょっと感動しちゃいました。

 

やっくんの息子の薬丸翔さんの演技も個人的にはハマりました。

f:id:chika_ziburi:20190108215008j:plain

あんまりああいう演技できる人いないんじゃないかな? もっとドラマとか出てほしいなーと。2019年に期待!!

 

 

つるデミー賞・映画作品賞

犬ヶ島(2018年公開)』

f:id:chika_ziburi:20190108205329j:plain

 

今年はめっちゃ悩みましたが、思い返して一番好きな映画は? となると『犬ヶ島』だったなぁ〜ということで、映画作品賞とさせていただきました! 

 

昔、周太郎というハスキー犬を飼っておりまして。

もうその周太郎がなんど浮かんできたことか。 

犬が身近にいたことがある人なら絶対見るべき!!!!!!

 



あと好きなのはオープニングの太鼓をドンドンするところ(笑)。

あのフィギュアがあるならほしい〜〜〜!!!

映画館で1回、DVDの吹き替え版で1回見たんですが、

この映画は英語版が良いですな。

犬がこっち向いて喋るところとか本当大好き!!!

犬ヶ島 (字幕版)

犬ヶ島 (字幕版)

 

 

ちなみに、めっちゃ悩んだ次点はこちらの2作品。

シェイプ・オブ・ウォーター(2018年公開)』

 

映画館でなんだかわからない満足感と感動にやられて泣いてしまいました。

とにかく美しい!

あとこの映画を美しいなぁ〜と思える心を持っていてよかった! とも思いました(笑)。

こちらもDVDでも見直したけど、やっぱり泣いちゃうし、美しいなと思えたし、心が荒んできたら『シェイプ・オブ・ウォーター』を見てリセットしたいと思います。

 

 

『ありがとう、トニ・エルドマン(2017年公開)』

全然実家に帰らなかった自分とか、

仕事ばっかりになっていた自分をめちゃくちゃ反省しました。

これは見終わったあとにトイレに行ったのですが、そこでなぜか涙が止まらなくなってしまって、しばらく引きずりました。

本当いい映画を見たな〜という気持ちになれるので、お盆やお正月に実家へ帰れていない方はぜひご覧あれ〜。

 

総括

2018年は74本の映画を見ることができました。

が、全然少ない〜! 

2019年は100本を目標に頑張ろうと思いますっ

 

そしてなるべくよかった映画については、このブログに書いていこうと思います。

2019年のつるデミー賞もどうぞお楽しみに!!